スポンサードリンク


2008年04月09日

井上陽水の楽曲

井上陽水の楽曲

ポリドールから

* 人生が二度あれば c/w 断絶(1972年3月1日)(1989年5月25日再発)
* 傘がない c/w 感謝知らずの女(1972年7月1日)
* 夢の中へ c/w いつのまにか少女は(1973年3月1日)(1989年5月25日再発)
* 心もよう c/w 帰れない二人(1973年9月21日)(1989年5月25日再発)
* 闇夜の国から c/w いつもと違った春(1974年4月1日)
* 夕立 c/w ゼンマイじかけのカブト虫(1974年9月1日)
* 御免 c/w 旅から旅(1975年6月21日)


これらの初期の作品は、私の青春時代に影響した名曲ばかりです。

心もよう、帰らない二人、この2曲も心に響く名曲ですよ。


フォーライフから
(当時、フォークの大御所の吉田拓郎、小室等らと作ったレコード会社)

* 青空、ひとりきり c/w Flight(1975年11月25日)
* Good,Good-Bye c/w 子供への唄(1976年2月25日)
* 夏願望 c/w 青空、ひとりきり/招待状のないショー/子供への唄(1977年5月25日)

* 青い闇の警告 c/w 映画に行こう(1978年8月10日)
* ミスコンテスト c/w 八月の休暇(1978年10月21日)

* BRIGHT EYES c/w 答えはUNDERSTAND(1980年7月5日)

* クレイジーラブ c/w 空はブルーエンジェル(1980年11月21日)

* ジェラシー c/w 夏星屑(1981年6月21日)(1988年5月21日再発)
* 風のエレジー c/w 海はどうだ(1981年11月21日)
* リバーサイドホテル c/w 俺の事務所はCAMP(1982年7月5日)(1988年10月21日再発)
* とまどうペリカン c/w Music High(1982年10月21日)
* 愛されてばかりいると c/w 背中まで45分(1983年2月5日)

* 誘惑 c/w Frozen Eyes(1983年12月5日)
* 悲しき恋人 c/w ダンスのチャンス(1984年7月21日)
* いっそ セレナーデ c/w Speedy Night(1984年10月24日)(1988年5月21日再発)
* WHY c/w 揺れる花園(1987年11月21日)
* 新しいラプソディー c/w ダメなメロン(1988年5月21日)(1996年2月21日再発)
* 今夜、私に c/w 恋は自分勝手に(1988年9月7日)
* 夢寝見 c/w 紅すべり(1989年7月21日)
* 最後のニュース c/w BACK SIDE(1989年12月21日)
* 少年時代 c/w 荒ワシの歌(1990年9月21日)
* Tokyo c/w 夢の背中(1991年3月21日)
* 結詞 c/w 野イチゴ(1992年10月21日)

* 5月の別れ c/w Be-Pop Juggler(1993年3月19日)
* Make-up Shadow c/w プレゼント(1993年7月21日)

* カナディアン アコーデオン c/w 引き揚げ者の唄(1993年11月3日)
* 愛は君 c/w あこがれ (1994年4月10日)
* 移動電話/カミナリと風(1994年10月21日)
o ジャケットの表記に従って、両A面シングルと判断した。
* 嘘つきダイヤモンド c/w OVER TIME(1995年12月6日)
* TEENAGER c/w 積み荷のない船/HAWAIIAN LOVE SONG(リリウオカラニ女王に捧ぐ)(1998年2月21日)


* コーヒー・ルンバ c/w 星のフラメンコ/ドミノ/旅人よ(2001年1月24日)
o 「コーヒー・ルンバ」はカバー。歌詞は西田佐知子がはじめて歌った日本語のもの。
o 「星のフラメンコ」は西郷輝彦の、「ドミノ」はペギー葉山の、「旅人よ」は加山雄三のカバー。
* 花の首飾り c/w お嫁においで(2001年4月1日)
o 「花の首飾り」はザ・タイガースの、「お嫁においで」は加山雄三のカバー。
* この世の定め c/w 毛ガニ/名古屋食べ物事情(2001年11月21日)
o 「毛ガニ」、「名古屋食べ物事情」はコンサートで即興演奏したもの。
* Final Love Song c/w ヤギのミルク(2002年4月3日)
* 森花処女林 c/w 決められたリズム(Single Version)(2002年8月21日)

* 飾りじゃないのよ 涙は c/w 決められたリズム(2002年10月23日)
o 「飾りじゃないのよ 涙は」は再録。『Blue Selection』に収録された。
o 「決められたリズム」は『カシス』に収録されたものと同じ。
* 新しい恋/長い猫(2006年3月29日)
o 両A面シングル。
o 「長い猫」は娘と共同で作詞した。娘は「依布サラサ」という筆名を使っている。



オリジナルアルバム

ポリドールから

* 断絶(1972年5月1日)
o 初のアルバム。
* 陽水II センチメンタル(1972年12月10日)
* 陽水ライヴ もどり道(1973年7月1日)
o ライブアルバム。
* 氷の世界(1973年12月1日)
o アルバムとしては日本初のミリオンセラーとなる。
* 二色の独楽(1974年10月1日)


フォーライフから

* 招待状のないショー(1976年3月25日)
o 陽水にとってはフォーライフ設立後初のアルバム。
* 東京ワシントンクラブ(1976年12月5日)
o ライブアルバム。LPのみ。
* white(1978年7月25日)

* スニーカーダンサー(1979年9月21日)
* EVERY NIGHT(1980年12月5日)
* あやしい夜をまって(1981年11月21日)
* LION & PELICAN(1982年12月5日)

* バレリーナ(1983年12月5日)
* 9.5カラット(1984年12月21日)
o 陽水2作目のミリオンセラー。
* クラムチャウダー(1986年8月27日)
o ライブアルバム。
* Negative(1987年12月16日)
* ハンサムボーイ(1990年10月21日)
* ガイドのいない夜(1992年11月20日)
o セルフカバーアルバム。

* UNDER THE SUN(1993年9月15日)
* 永遠のシュール(1994年10月21日)
* 九段(1998年3月18日)
* UNITED COVER(2001年5月30日)
o カバーアルバム。
* カシス(2002年7月24日)
* Blue Selection(2002年11月20日)
o セルフカバーアルバム。全曲にジャズアレンジが施されている。
* LOVE COMPLEX(2006年6月28日)

グループ『井上陽水奥田民生』

アルバム『ダブルドライブ』 全13曲

* 1.アウトバーンの狼       井上陽水奥田民生
* 2.パラレル・ラブ         井上陽水奥田民生
* 3.HIROSHIMA         奥田民生
* 4.海の中道            井上陽水奥田民生
* 5.パスタ・セレナーデ      奥田民生
* 6.京都に電話して        井上陽水奥田民生
* 7.恋はハーモニー        井上陽水奥田民生
* 8.砂漠のデザート        井上陽水奥田民生
* 9.羽飾りMOKKO        奥田民生
* 10.にじむ虹           井上陽水奥田民生
* 11.神の技            井上陽水奥田民生
* 12.クリスマス・バニラシェイク 井上陽水奥田民生
* 13.南国の雪           井上陽水奥田民生


(参照 wikpedia)


井上陽水が、カバーで出した「コーヒールンバ」も哀愁を帯びていて、雰囲気が出ていて、何度聞いても、いいわぁ〜


posted by 陽水 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 井上陽水の名曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。